ホタルの見頃な時期と名所案内!日本の初夏の風物詩ホタルを見に行こう! - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


ホタルの見頃な時期と名所案内!日本の初夏の風物詩ホタルを見に行こう!

今年も初夏の風物詩、ホタルが見頃な季節になってきました!



ホタルは古来より日本人に愛されてきた昆虫で、その幻想的な光を愛でる習慣は、初夏から夏にかけて日本の風物詩となっています。

wikipedia-ホタル


<ホタルの見頃の時期>

同じ地域でも年により、天気や温度差等などから見頃時期や期間が違ってきます。

一般にゲンジホタルの観賞時期は5~7月、ヘイケホタルは6~8月。


<ベストな時間帯>

ホタルが光を放ちたくさん飛ぶ時間帯は夕暮れから午後11時ぐらいですが、ピークは日が暮れ薄暗くなってから1時間30分ぐらいの時間帯です。

6月上旬頃でしたら19時頃が乱舞のピークです。


<ホタルが良く飛ぶ天気>

ホタルは蒸し暑く風のない曇り空(月明かりがない)の時に多く飛び回ります。

雨の日や風が強かったり、気温が低いとき、周囲が明るかったり、月明かりのある明るい夜はあまり飛びません。


<ホタルはなぜ光るのか?>

実は、あの幻想的なホタルの光は、オスとメスが出会うための合図なのです。

メスの弱い光に対してオスが強い光を放ち、プロポーズしています。

ロマンチックですね!




<ホタル鑑賞時のマナー>

ホタルは大体1年かけて成長し、美しい光を放つのはたった10日前後と大変に短いです。

ホタルは光や音に敏感で、雄とメスが光で交信できるような、静かで暗い場所が必要ですので、車のヘッドライトや懐中電灯などは消して観察しましょう。
カメラの強い光やシャッター音も厳禁です。

また、捨てたゴミが原因で川が汚染されると絶滅してしまう危険性もあります。

ホタルの捕獲は絶対にしないでください。

観賞マナーをしっかり守りましょう。


<2013年 主な都道府県の見頃予定>

ホタルの出現時期は、晩冬~春先の気温が影響するといわれています。
2013年は、4月の気温低下が小さかった関東は例年と同じかやや早く、ゴールデンウィークまで寒さが続いた北海道は例年より遅いと予想されています。

北海道:7月10日ごろ
青森県:7月7日ごろ
宮城県:6月15日ごろ
新潟県:6月2日ごろ
東京都:5月18日ごろ
愛知県:5月17日ごろ
大阪府:5月20日ごろ
広島県:5月20日ごろ
高知県:5月11日ごろ
福岡県:5月11日ごろ
鹿児島県:5月6日ごろ




<関東のホタルの名所>

・湯河原 万葉公園

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566



湯河原万葉公園


・東武動物公園

埼玉県南埼玉郡白岡町爪田ヶ谷425番地



東武動物公園


・ほたる公園

東京都福生市南田園3-9-1



ほたる公園


・巌島湿生公園

神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1310



厳島湿生公園


・上谷戸親水公園

東京都稲城市若葉台1-2-21



上谷戸親水公園


・清和ホタルの里(清和県民の森)

千葉県君津市豊英660



清和ホタルの里


・三渓園

神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1



三渓園


・秩父ミューズパーク

埼玉県秩父郡小鹿野町長留2523



秩父ミューズパーク


・座間谷戸山公園

神奈川県座間市入谷3-3904



座間谷戸山公園

関東地方のホタルの名所をまとめてみました。

まだまだホタルが鑑賞出来るところはたくさんあると思いますが、とりわけ有名なところを。

これから夏本番、夏の始まりをホタルの幻想的な光で迎えてみてはいかがでしょうか!


関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます