PCで音楽を聞く環境を整えよう!PCオーディオ入門にあたって知っておきたい事! - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


PCで音楽を聞く環境を整えよう!PCオーディオ入門にあたって知っておきたい事!

デジタルミュージック全盛の最近ではPCで音楽を聴く方も増えてきましたよね!

「PCオーディオ」はこれまでの圧倒的な操作性、利便性に加えて、音質面での改善も大きく、パソコン(PC)さえあれば手軽にその効果を実感する事ができます。

早速、その魅力に迫ってみよう。

PCオーディオ


オーディオの目的は「音楽から感動を得る」ことです。
アーティストが心を込めた演奏を忠実度が高くて情報量が多く、感情の微妙なアヤまでこと細かに再生してくれるオーディオシステムで聴くなら、感動は何倍にも膨れ上がることでしょう。

そのための最新の、そして最強のシステムがPCオーディオです。
オーディオの歴史は1950年代のLPレコードの誕生から始まる。
レコードプレーヤーが登場し、次に1982年にCD(コンパクトディスク)が発売され、CDプレーヤーの時代になった。CDは今までも、またこれからも生き延びるでしょうが、このCDを超える音質とメディア性を熱く期待されているのが、PCオーディオなのであります。

類似のシステムでPCオーディオに近いのが、iPod(アイポッド)やウォークマンなどの携帯音楽プレーヤー。
そのユーザーなら、CDから音源データを取り込み、プレイリストによって、好きな曲を好きな順に自在に聴ける便利さが、PCオーディオにもそのまま受け継がれているといえば理解が早いでしょう。

PCオーディオ2


<PCオーディオとは?>

PCオーディオとは、ズバリ、PCで音楽を聴くことである。
そう聞くと、何だ、普段やっていることじゃん と思うかもしれません。
そう、PCオーディオとは、PCをオーディオプレーヤーとして活用することを差すもので、
誰でも気軽に始められる、いや、PCを持っている人であれば、意識せずとも、すでにやり始めている利用方法のことです。

ただし、いま流行のPCオーディオというと、その意味合いとはちょっと違ってくる。
いままでのPC付属品&内蔵システムレベルではどうしても音質はいまひとつだったが、ちょっとした機器を追加してあげると、格段にクオリティーの高い音を楽しめるというのが、いまPCオーディオといわれているものの本当の姿です。
“高音質PCオーディオ”というのが、正確な表現といえる。

発端は音楽配信やCDリッピングによって、PCに楽曲がため込まれるようになったことと推測されますが、昨今のブームのおかげで、オーディオ機器メーカーがPC周辺機器に参入したり、逆にPC周辺機器メーカーが音に気を配った製品を相次いでリリースしたりと、関連製品のすそ野は大きく広がっています。
このため、あまりお金をかけなくても意外なほど良い音が手に入ったり、逆にちょっとその気になれば“ハイレゾ音源(High Resolution)”と呼ばれるCD(44.1kHz/16bit)よりはるかに情報量の多い音楽ファイルを楽しめるようになりました。

手持ちのPC環境を改善するだけでなく、高価な専用オーディオ機器に匹敵する音を出せるようになるのだから、コストパフォーマンスはとても高い。そんな懐の深さもあり、今“PCオーディオ”は注目されています。


<PCで音楽を聴くには?>

・PCのイヤホン端子にアクティブスピーカーを繋ぐ

まず、これが1番簡単な方法ですが、
これでは、ノイズが入ってしまい、とても高音質で音楽は聴けません。

・オーディオインターフェイスを取り付けてUSB出力する

オーディオインターフェイスとは何か?と言うことなのですが、簡単に言うと、PCとオーディオ機器の仲立ちをするツールだと言えます。
言うまでもないことですが、PCにはオンボードで音声の出力端子がついています。
その端子から直接オーディオ機器に接続しても音は出ます。
しかし、これはやってみれば分かることですが、実に酷い音がします。
そして、その事を持ってPCで聞く音楽は音質が悪いと言われたりするのですが、あれはオンボードのサウンド機能があまりにもプアに過ぎるからであって、キチンとした形で音楽データをPCから外に持ち出せばCDプレーヤーにも負けないほどの能力を発揮してくれる、と主張するのがPCオーディオの世界なのです。
そして、その、キチンとした形で外部に音楽データを持ち出してくれるのが「オーディオインターフェイス」なるツールなのです。

オーディオインターフェイス









USB出力でDACを経てお手持ちのアンプに接続するだけで、びっくりするほどの高音質を体験することができます!

僕自身色々試してみたのですが、この方法が1番簡単で、PCオーディオの醍醐味を味わえる方法だと思います!

DAC(デジタル・アナログコンバーター)とは?

PCに保存されたデジタルの音楽データを、アナログの音声信号に変換する機器の事を言います。

最近では、低価格のものも多くなってきましたので、導入してみるのをオススメします。

・AirMac Expressなどで、AirPlayをする

AirMac Express


AirMac Express

AirPlayを使えば、あなたのコンピュータ、iPhone、iPad、iPod touch上のiTunesライブラリにある音楽を、家にあるステレオやスピーカーにワイヤレスで送ることができます。

まず別売りのオーディオケーブルを使って、スピーカーをAirMac Expressにつなぎましょう。

つぎに、コンピュータ上のiTunesまたはiOSデバイス上のミュージックアプリケーションを使って、音楽を再生したいスピーカーを選びます。

スピーカーにつながれたAirMac Expressが複数あれば、MacやWindowsパソコン上のiTunesにある曲をすべてのスピーカーで同時に再生することもできます。

すでにWi-Fiネットワークがある場合は、AirMac Expressで音楽をストリーミングするように設定するだけで、大好きな曲を家中で聴くことができるようになります。

iTunesの曲はもちろんYouTubeの音もAirPlayされます。

また、Airfoilというアプリを使えばPC内の音全てを、AirPlayすることができます。


<PCオーディオの魅力>

PCオーディオの魅力は、HDDにさえリッピング(CDなどの音楽を取り込む)してあれば、
何千、何万曲という音楽を、クリックひとつで、聴くことができます。

スマートフォンなどのアプリを使えばPCに触れることもなく、
選曲や、ボリュームの変更ができるようになりました。

今回は、PCオーディオの入り口にすぎませんが、
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

きっと音楽ライフが変わると思いますよ!

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます