冷え性の原因は夏の間に作られる!?今から対策して快適な冬を過ごそう!(飲み物編) - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


冷え性の原因は夏の間に作られる!?今から対策して快適な冬を過ごそう!(飲み物編)

冬になると冷え性になる方って多いですよね?

冷え性


寒い季節になると手足が冷えて靴下を何枚も履かないと寝られない冷え性の人も多いようです。

冷え性は外気温が冷えているから冷え性になるのではなく、今までの生活習慣や食習慣からの影響で冷えが起こるのです。

秋や冬になったからといって冷え性になるわけでは無いのです。

寒い季節になると冷え性がひどくなる原因としては、夏の間の過ごし方によって変わってきます。

東京などの都心部などではヒートアイランドなど、都会だから起こる気温の上昇があるので、ビルやオフィスにはクーラーが欠かせませんよね。

ヒートアイランドの原因は一斉にクーラーを使うことで、その熱が外に放出されて外気温の上昇を招いていますが、全ての人がクーラーを止めなければ解消されないので現実的にはヒートアイランドを防ぐ方法はあまり無いかもしれません。

また、アスファルトなど土や自然が無い地域では更に気温の上昇を招く結果となるので、私達の生活にはクーラーが欠かせない状態となっています。

オフィスやデパートなどいたるところでクーラーが付けられており、私達は建物の中にいる間は快適な生活を手に入れています。

また、夜間など睡眠中にもクーラーをかけていますから、私達は夏にも関わらず汗をかく事を忘れてしまいました。

しかし、クーラーによる冷えは夏の間は涼しくて快適かもしれませんが、冬など外気温が下がってくると冷えとして影響を及ぼします。

クーラーはからだの表面だけでなく、内臓にまで冷えをつくるので実際には思ったよりからだが冷えているのです。

たとえ自分がクーラーの無い生活をしようと思っても、回りの環境がそれを許さない為、クーラーを浴びないで過ごす事は難しいので、冷えを作らない特別な工夫が必要となってくるのです。

特に女性は臓器が複雑に作られており、内臓に冷えを作りやすい性質を持っています。

また、オフィスなどではスカートなど薄着をしている女性の体感温度と長袖のスーツを着ている男性とでは体感温度が違うため、オフィスは女性に厳しい気温設定となっていることが多いようです。

冷えは夏に作られるものですから、冷えやすい環境に負けない工夫を行い冬の冷えに備えましょう。

夏の間の冷え性の対策は多々あるのですが、今回は飲み物による改善策を紹介してみます!


・飲み物で身体の内側を温める!

冷え性に効く飲み物


夏の飲み物のNGは?

夏は冷え性といえど、喉が渇きます。
熱中症予防のためにも、飲み物を定期的に摂る必要があるでしょう。
ここでは、冷え性的に避けたい「飲み物」や「飲み方」をチェックしてみました。

○NG:冷たいものの一気飲み

冷たいものを摂りすぎると、胃腸の働きを悪くします。
同時にカラダを確実に冷やすので避けましょう。
特に氷が入ってキンキンに冷えた甘い飲み物を一気に飲むのはNGです。
冷たい飲み物しか無いときは、少しだけ常温に戻したり、口の中に含んで温めてから飲みましょう。

○NG:甘い飲み物

糖分の摂り過ぎはカラダを冷やすと言われています。
また、糖分を摂ると代謝のためにビタミンB1が消費されてしまいます。
それによって、だるくなったり疲れやすくなってしまうので注意が必要です。
また、血糖値の急激な上昇と下降を招くため、カラダに負担がかかります。
スポーツドリンクなどにも糖分は含まれているので注意が必要です。

○NG:ビール

夏場の冷たいビールは、要注意です。
カラダを冷やすばかりでなく、ビールには利尿作用があるため、
トイレにいく回数が増え、結果的に水分不足になる場合があります。

○NG:アイスコーヒー

砂糖の摂り過ぎ&冷たい飲み物の中で、要注意なのがアイスコーヒー。
コーヒー自体に苦みがあるので、甘みをつける為にガムシロップなどを使うことが多いですが、冷えた飲み物は甘みが感じにくいため、量を沢山入れてしまいがちです。

また、カフェインは胃腸に負担をかけるので、飲み過ぎると胃腸の不調から、夏バテを招いてしまうことも・・・。

夏の飲み物のOKは?

○甘酒

ジャパニーズヨーグルトとも呼ばれる甘酒は、夏にぴったりの飲み物です。
そのパワーは「点滴」に匹敵するとも言われていて、ビタミンやアミノ酸が豊富に含まれる発酵食品です。

甘酒には「米麹」から作られるものと「酒粕」から作られるものの2種類がありますが、一般的にジャパニーズヨーグルトと言われるのは「米麹」のほうなので注意が必要です。
温かい物にしょうがを入れて飲むと、カラダを温めてくれるのでオススメです。

※「米麹」から作られる甘酒は、アルコールではありません。
また甘いですが、砂糖でつけられた甘さではないので安心です。

ちなみに、酒粕から作られる甘酒も成分は全く異なりますが、栄養価が高く、手軽に楽しめるので、個人的にはおすすめです。
(酒粕をみそ汁に入れるといいと言いますよね。そんな感覚です)
※ただし、こちらはアルコール分を含みます。

○梅酒

クエン酸を豊富に含んだ梅酒は、夏バテや食欲の無いときにオススメ。
食前に少し飲めば食欲増進の効果が期待できますし、ぬるめのお湯で割った物を飲めば、疲労回復にも効果的です。
冷房でカラダの調子が悪いときに飲んでみてはいかが?

超簡単! 梅酒をたったの1周間で作る方法!

○しょうが紅茶

冷え性の定番。あたたかい紅茶にカラダを温めてくれるショウガを入れたもの。
ショウガのチューブを持ち歩けば、オフィスなどでも紅茶に混ぜるだけで手軽に作れるので、冷房でカラダが冷えたときにぴったり。

○麦茶

夏の定番の飲み物です。血液をサラサラにしてくれる効果があると言われています。
ただし、麦茶にはカラダを冷やす働きがあるので、冷え性的には常温で飲むように心がけたいものです。

○生姜湯

ショウガはカラダを温めてくれます。
そんなショウガを活用して、冷えたカラダをあたためましょう。
ただし、少し癖があるので、苦手な方は次のショウガシッロップなどがおすすめ。

○ショウガのシロップ&ハーブ系飲料

お湯で割ると、手軽に美味しいしょうが飲料ができあがるので、おすすめです。
いろんな種類があるので、試してお気に入りをキープしたいものですね。
しょうがの蜂蜜漬けなどをお湯で割るのも、飲みやすいですよ。

○ハーブティ

ハーブティはカフェインを含まないので、胃腸の弱い方におすすめ。
ローズヒップ、レモングラス、ハイビスカスなどのハーブティは、手軽で飲みやすく、夏にぴったりです。(もちろんホットで飲みましょう!)

○柚子茶

飲みやすく、ビタミンも含まれているのでおすすめ。
さわやかな香りが夏にもぴったりですよね。
ホッと一息つきたいときにおすすめ。

こんな感じでしょうか。

今は暑くてどうしようもないからといって、クーラーをガンガンにかけて、冷たい飲み物をがぶ飲みしていると、
冬が来た時に大変な事になってしまいますよ!

そうならない為にも、今から冷え性の対策をしっかりして、身体の中は温めておく必要があります!

冷え性は病気ではありません!

いまからしっかり心がけていれば改善できるのです!

こんな暑いのに何言ってんだと思うかもしれませんが、冬の冷え性は夏の間に作られるのです。

今から対策をしておけば快適な冬が過ごせますよ!

快適な冬
関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます