今からでも間に合う!正しい紫外線対策!UVケアの知識と必要性 - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


今からでも間に合う!正しい紫外線対策!UVケアの知識と必要性

いよいよ夏本番!今年の夏も暑いですね〜

夏は日差しが眩しく、海へ、川へ、山へとレジャーに出掛けるのが楽しい時期ですよねー!

紫外線対策


暑さ対策はしっかりしていても、紫外線対策ってしっかりしてますか?

真夏の紫外線の量は、冬の2倍と言われています。

また、日照時間の長さから、冬は「ちょっとだから」と油断していた、洗濯や、車の運転などでも確実にダメージを負う事になります。

朝、しっかり日焼け止めを塗っても、夕方には同じ効果は期待出来ません。

正しい紫外線対策を身につけて、最高の夏にしましょう!


<紫外線とは?>

紫外線


紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。
波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)、UV-C(C紫外線)に分けることができます。
UV-CとUV-Bの一部はオゾン層などの大気層が防いでくれるので、UV-AとUV-Bの一部を私たちは浴びていることになります。
紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させたりするので注意が必要です。


<紫外線の影響を受けてなる病気>

紫外線 病気


・皮膚がん
・紫外線アレルギー
・白内障
・シミ、しわ

紫外線は私たちの皮膚や目、免疫機能に影響を与えると言われています。

過度な日光浴は避けた方が良いでしょう。


<日焼け止めの選び方>

日焼け止め


日焼け止めと一口に言っても、様々な種類の物が出ていますよね。

用途によって使い分けて、正しい紫外線対策をしましょう!

・よく見かけるSPFとPAとは?

SPFの数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。PAは+が多いほど、肌の黒化や、弾力を失わせることを防ぎます。PAは現在4段階に区別されていますので、日やけ止めを選ぶときはよく見てみましょう。

・用途別の日焼け止めの選び方


短時間(1時間ほど)の外出     SPF10~20 PA +


数時間の外出          SPF20~30 PA + +


数時間の野外でのスポーツ等   SPF30~50 PA + + +


海・プール           ウォータープルーフタイプ


どんなに効果が高いものでも、塗りなおしが必要です。
SPF1=20分の紫外線ケアですので、例えばSPF30であれば600分になり、10時間の効果があると考えます。
しかし、汗で流れてしまうとその効果は薄れますので、一日の中で1番紫外線の強い10:00から14:00は塗り直しをするなど、細かなケアが肝要です。

日焼け止めはこまめに塗る事と、まんべんなく塗る事が大切です!


<紫外線を防ぐアイテム>

日傘


日傘と帽子で直射日光の95%を遮ることができます。

しかし手や腕は露出していることが多いのでUV手袋などでのケアが大切です。

さらに直射日光でなくても壁や地面から紫外線は反射しますし、海や山では乱反射してどこから浴びるか分かりませんから、トータルでケアしてあげましょう。

忘れがちなアゴ下や首は地面からの反射を受けやすいため、紫外線ケアが大切です。

また、意外と日焼けする耳の紫外線ケアも大切です。

老化して発現するシミの一つに耳にできるシミの悩みも多くあります。

また、サングラスは紫外線対策にはとても有効です。目は日光を感じるとメラニンを生成するといわれています。
少し薄めの色のグラスを選ぶことをオススメします。

有効な色は「赤」といわれていますので、赤味がかかったレンズならば、なお良しといえます。


<日焼けしてしまった後のケア>

日焼け後のケア


1. 冷やす

氷嚢やアイスノン、無ければ冷水で冷やしたタオルを日焼けした箇所にあてます。日焼けをして半日から一日後が最も炎症がおこりやすいので、それまでにしっかり冷やす事が大切です。この時間が今後しばらくの肌質の明暗を分けます。

2. 水分補給

惜しみなく使える安価な化粧水をやさしくパッティングして、普段の3~5倍入れ込みます。手でピタピタとパッティングするよりも、コットンでやさしくクルクルしてあげる方が肌表面の凹凸に左右されず、まんべんなくしっかりと化粧水が浸透します。日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなります。これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

3. フタをする

ある程度水分補給が済んだら、今度はその水分を逃さないように乳液やクリームをサッと肌表面に塗布して下さい。日焼けをすると、肌表面の角質がこれ以上ダメージを受けないよう厚く硬くなるので、水分量が極端に減って乾燥しがちです。シワシワになるのを防ぐためにも、水分を含ませた肌に油分でフタをします。薬用の日焼け止めクリームや乳液だと、なお良いです。3、4日して炎症が治まったら、通常のスキンケアに戻して下さい。


外遊びが楽しいこの時期だからこそ、しっかりとしたUVケアをして、夏をおもいっきり楽しみましょう!
関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます