スノーヤーには朗報!?今年の冬も寒くて雪が沢山降りそうです!! - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


スノーヤーには朗報!?今年の冬も寒くて雪が沢山降りそうです!!

本日、気象庁が発表した、長期予報(冬の天候の予報)によると、今年の冬も「寒い冬」となる見込みです!

スノーボードやスキーなどウインタースポーツをする方には朗報と呼べるのではないでしょうか?!

どうしても季節が限定されて、自然を相手にしている以上、雪が降らなければ始まりませんからね。

地球温暖化により、シーズン前は今年雪降るの?なんて心配しているスノーヤーの方も多いと思います。

雪を見ないと実感できないと思いますが、現時点での予想はこんな感じです!


10月の気温は平年より高い予想。

11月には平年並みで、秋らしく。

そして、季節は急ぎ足に進み、12月の気温は全国的に平年並みか低くなる見込みです。

さらに、12月から2月にかけての気温は、全国的に「平年並みか低い」予想になっています。

今年の冬も「寒冬」傾向に。

日本海側を中心に大雪も。

寒冬

上の図は、ここ数年の「10月~2月」にかけての「全国の真冬日地点数」を累積したものです。

縦軸の値が大きい年ほど「寒い年」といえます。

今年の冬も、昨年、一昨年に続いて、「寒い冬」となる見込みです。

気象庁の発表した「寒候期予報」によれば、冬(12月から2月)の間の気温は全国的に平年並みか低い予想となっています。

それに伴って、雪の量も多くなりそうです。

12月から2月にかけての、雪の降る量は、
北陸から北の日本海側、西日本の日本海側(近畿北部や山陰)で、「平年並みか多い」予想となっています。

北陸から北では、2年連続で大雪傾向でした。
(昨冬は、青森県の酸ヶ湯で最深積雪566センチを観測 : 1979年の統計開始以来1位)

今年も大雪傾向となることが予想されています。

さらに、昨年は雪の量が少なめだった西日本の日本海側も、今年は雪の量が多くなりそうです。

ウインタースポーツをしない豪雪地帯の方には朗報とは言いがたいですが、やはり我々スノーヤーには雪が沢山降ってくれるのは喜ばしい事!

もうまもなく雪山シーズン突入です!

今年も最高のシーズンになるといいですね!

雪
関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます