忘年会シーズン到来!二日酔い予防をして楽しく飲もう!! - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


忘年会シーズン到来!二日酔い予防をして楽しく飲もう!!

年末といえば、忘年会ですよね!

会社の忘年会、気の合う仲間同士で、

何かとお酒を飲む機会の多いこの時期、

普段からよくお酒を飲む人も、あまり飲まない人も、

楽しい空気の中、ビールに焼酎に日本酒にとお酒を飲んでいるとついつい飲み過ぎちゃうなんて事ありますよねー。

セーブできればいいのですが、今日は大丈夫!なんてついつい飲み過ぎちゃうと次の日、二日酔いでとんでもない事になりますよねぇ。。。

二日酔いは本当にきついですよねぇ。。。

二日酔い

飲み過ぎない事に越したことはないのですが、二日酔いにならないための方法と、ついつい飲み過ぎてしまった時の対処方法を紹介したいと思います!

<お酒を飲む前に>

飲酒前の予防として大切なのは、アルコール吸収を遅くする、胃壁の保護をする、肝機能を高める等です。

胃が空だと、胃腸からアルコールが吸収されるのが早くなり、肝臓でのアルコール分解作業が間に合わずに酔いがまわりやすくなります。

必ず何か摂取しておきましょう。

飲み会前に時間がなくて、軽食すら摂れない場合は、昼食を高タンパクな肉料理などにしておくと良いです。

飲酒対策として有名なウコン。

ウコンに含まれるクルクミンという成分が肝機能を高めます。

飲むタイミングはいつでも良いですが、飲酒前がおすすめです。

錠剤タイプのものもありますので、よく飲みにいかれる方などは常備しておくとオススメです!





秋・春・紫3種のウコンで翌朝スッキリ!【初回半額&送料無料】


飲みに行く前にウコンを飲むのと飲まないのとでは、次の日の快適さがまったく違います!

当日の飲める量も全然違ってきますしねw

自分なんかは、これ飲まないと飲み会にいけませんw

それくらい違います!

楽しくお酒を飲むには飲酒前の予防が大切です!

<お酒を飲み始めたら>

低脂肪で高たんぱく質な食べ物、例えばチーズや刺身などを食べながら飲むと、次の日の胃のムカムカなどを軽減できます。

チェイサーを絶えず置いておき、お酒の合間に水などを飲むと肝臓への負担を和らげてくれますよ。

お酒を飲んでいる時にお腹が張ってくるのは胃の消化機能が弱ってきているサインです。食べるときはお酒で流し込むような食べ方は止めて、よく噛んで消化を助けましょう。

アルコール度の高いお酒は、胃腸への刺激が強く肝臓に負担をかけ、酔いがまわりやすくなります。薄めてゆっくり飲みましょう。

チャンポンは口当たりが変わるため酒量が増えやすくなります。ついつい飲みすぎてしまう人は一種類のお酒だけを飲むのも一つの方法です。

<飲み過ぎてしまった後に出来る二日酔い予防法!>

・アルコール分解中は脱水に近い状態になりますので、水分をたくさんとって、横になっていること。

グレープフルーツジュースやスポーツドリンクなど果糖や電解質の入った水分だとなおいいです。

・しじみの味噌汁を飲む。

これは効きます!しじみに含まれているオルニチンという成分が肝臓の働きを保ち疲労回復を促進する作用がありますので、インスタントでも構いませんので、常備しておきましょう!
オルニチンが凝縮されたサプリメントもありますので、試してみるといいと思います。




「しじみ習慣」で酒好きを中心に"スッキリ"体験者が増加中!


・胃腸薬を飲む。

二日酔い時には消化不良になりやすいので、胃腸薬を飲むと良いです。

・胃腸の負担が少ないごはんを食べる。

消化不良になりますので、できるだけやわらかいものを食べます。おかゆなどがおすすめです。

・果物を食べる。

果糖はアルコールの分解を促進させる効果があります。その上、ビタミンCはアセトアルデヒドの毒性を弱める効果があります。
柿、みかん、いちご、りんごなどがおすすめ。

自分の限界を知って、飲み過ぎない事が1番大切ですが、いざ二日酔いになってしまった時の為に知っておくといいと思います。

関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます