クリーニングって意外と高い。。。自分でスノーボードウエアを洗濯する方法! - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


クリーニングって意外と高い。。。自分でスノーボードウエアを洗濯する方法!

スノーボードウエアってクリーニングに出すといい値段しますよねー。

でも、自分で洗って大丈夫なの?

って思ってる人って結構いますよね。

高いお金を払ってクリーニングに出してもウエアの撥水効果は落ちてしまうもの。

ならば、自宅で自分で洗えばお金もかからなくていいじゃないか!


洗濯機


すべてのものではありませんが大半のものは洗っても大丈夫です!

洗える物をザックリ分類すると・・・

1 ポリエステルのみの構成のもの

2 大きな部品(金属・プラ)が付いていないもの

3 プリントが無いもの

自宅で洗えるものとしては、当然水洗いOKなものであれば問題なしです!

ですが、だめなものであっても手洗いであれば洗えます!

まずは良く製品の洗濯タグを確認してみましょう!

洗濯タグ

<洗い方>

・予め、汚れている部分を歯ブラシと洗剤で擦る。

・風呂場や、でかいバケツで手洗いする。(お湯の方が汚れが良く落ちます)

・手洗い→すすぎ1→すすぎ2→すすぎ3

・洗濯機を使って、脱水

洗濯ネットを使い、あらかじめファスナーなどは閉じ、表示にしたがって優しく洗いましょう。

脱水をしっかりしないと乾きにくい素材ですので、しっかりしましょう!

・風通しの良い所でしっかり陰干し

シワになりやすいので脱水が終わったらすぐに洗濯機体し、ハンガーにかけて陰干ししましょう!

乾きにくいときは、チャックをあけて裏返して乾かしましょう!

 
干す


<スノーボードウエアの撥水加工のやり方>

スノーボードウエアの1番重要な機能は撥水性ですよね?

普通に洗濯しただけでは、撥水性はなくなってしまいます。

自宅で簡単に撥水加工をする方法。それは・・・


NIKWAX、ニクワックスを使うんです!




NIKWAXは手洗いでも洗濯機でもどちらでも使えて、誰でもとても簡単に撥水加工ができます!

さらにすごいところは、超撥水素材やGORE-TEXにも使えます!

パタゴニア、マーモット、ザ・ノースフェイス、マウンテンハードウェア、バートン、ゴア社などの一流アウトドアブランドもNIKWAXによる商品ケアを推奨していますので、間違いありません!

<NIKWAXによる撥水加工の手順>

・洗う(テックウォッシュ・ダウンウォッシュ)

TECH WASH(各種透湿防水生地、耐久撥水加工生地の撥水性を落とすことなく、汚れだけを落とす洗剤です。)で手洗いでも洗濯機でもいいので、洗う。

・撥水処理をする(ダイレクトWASH-IN・ダウンプルーフ)

DIRECT WASH(撥水性を補い、通気性を確保し、結露を抑えます。レインウェア等の洗濯後、そのまま洗濯機で撥水加工できます。)を洗濯機に適量入れて、すすぎ、脱水をする。

・乾燥させる

脱水が終わったらすぐに干す。


以上!

めちゃくちゃ簡単に自分で撥水加工が出来ちゃいます!

効果は買った時と同じか、それ以上の撥水性が蘇ります!

ウエアの撥水性が落ちてきたなぁと思ったら、是非NIKWAXを使って自分で洗濯してみて下さい!

NIKWAXには色々な種類があって、グローブ用、ブーツ用、ダウン用のものまであります。

スプレータイプのものなどもありますので、用途によって使い分けてみて下さい!


撥水加工と防水加工の違いとは?

GORE-TEXの製品のメンテナンス方法!
関連記事

タグキーワード



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます