スマホの電池は空にしてから充電すると長持ちするはデマ - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


スマホの電池は空にしてから充電すると長持ちするはデマ

「スマホの電池は空にしてから充電すると長持ちする」

こんな話聞いたことありませんか?

バッテリー

実際はこれとは反対だそうです

・空っぽの状態をできるだけ避けた方がいい

機械系のデバイスはどれも同じようなもので、使えば使うほど早く消耗していきます。
また、放電深度(バッテリーの放電状態の数値)によって、寿命までのサイクルが決まります。
放電深度が小さければバッテリーはより長持ちします。
よって、バッテリーを使っている間は、空っぽの状態をできるだけ避けた方がいいです。

・定期的にバッテリーを空っぽにする必要はない

バッテリーが少しだけ減っているような状態は問題ありません。
自然と放電して充電メモリが無くなるといった場合以外に、定期的にバッテリーを空っぽにする必要はないです。

・ひと昔前に使われていたニッカド電池やニッケル水素電池は

メモリー効果」といって、電池の容量を残した状態で充電すると、電池がそのときの状態を記憶してしまい、容量が残っているのになくなったと思ってしまう。
だから"継ぎ足し充電"がNGだったんだけど、リチウムイオン電池は、この「メモリー効果」がないから"継ぎ足し充電"が可能なのです。

悩む

昔の携帯電話に使われていた電池と違って、スマホに使われているリチウム電池は空っぽにしないほうがいいんですね。

良かれと思ってやっていたことが電池を劣化させていたなんてショック。
ちなみに!スマホの電池は満タンの状態が長く続くと劣化が早まります

電池2

・リチウムイオンバッテリーは

電池が満タンの状態が長く続くと劣化が早くなってしまいます。
つまり、ノートPCであれば ACアダプターを付けっぱなしで利用するとほぼ常に、リチウムイオンバッテリーは満タンの状態をキープし続けることになりすぐに、電池がだめになってしまいます。

・長持ちさせるポイントを一言でまとめると

『電池が満タンの状態を長く続けさせない』 です

他には・・・

・真夏の車の中に放置しない方がいい

他にも、バッテリーの寿命を延ばすためには、高温状態が続くと寿命が縮まるので、真夏の車の中に放置しない方がいい、リソースを使う作業は一度に長時間行わない方がいいとも言われています。

・充電しながら電話もやめたほうがいい

充電しながら話すと、温度が高くなるのでやめたほうがいい。

電池3

基本的に電池を高温にすることは、劣化を早めることになるんですね。
電池は使いきらないで途中から充電を始めた方がいいなんてのは思っていたことの反対で驚きました。

おそらく誤認してる方、多いと思いますので今からでも改善してみては!
関連記事

タグキーワード
  • No Tag



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます