お酒は年月が経っても美味しくなるとは限らない - アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!!


お酒は年月が経っても美味しくなるとは限らない

お酒

「大事なのはピークタイム」

お酒は年月が経つほどおいしくなるわけではありません。
ワインにだってピークタイムがあり、その後はだんだん品質が落ちていきます。

お酒の種類によってピークタイムは異なります。Maker's Mark(有名なバーボンウイスキーの銘柄)の蒸留責任者、Dave Pickerell氐によると、ライ麦の理想的な熟成期間は9~11年だそうです(ウイスキーはおもにライ麦から作られる)
バーボンの飲み頃は6~10年目とのこと(バーボンはトウモロコシが主成分)

スコッチは「種類と製法にもよるが、20年ぐらいがベスト」だそうです。

大麦で作る酒類も同様です。
アルコールや木の種類によって熟成のプロセスが大きく変わります。
例えば、バーボンは新しい樽で熟成されるので、木の香りをすばやく吸収します。
その分、ピークも早く訪れます。
一方、スコッチは古い樽で熟成されるため、木の香りを吸収するのに時間がかかります。

もっとも、自宅にあるようなお酒については、あまり気にしなくてOKです。
ガラス瓶入りの標準的な強度のアルコール類は、年数を経てもそれほど変化しません。
でも、バーや酒店でお酒を買うときは、40年もののウイスキーに大金を払うかどうか、一度立ち止まって考えてもいいかもしれません。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag



もしお役に立ちましたらブックマークお願いします!



おすすめ関連記事









コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アウトドアライフ スノーボード 登山 ホットな話題を配信中!! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます